2017年09月16日

レッスンだったのだが、ちょっとした出来心で

Nikon D7200
メフィストフェレス2世


これまで、夜の暗がりの中で、がっつり陰影をつけて撮ったことしかなかった、
Ring doll・Ronaldのメフィストフェレス2世を明るいところで撮ったら、どうなるか。
というレッスンを試みていたのだが。

メフィストフェレス2世をメイクして下さった、杉苔の空さんが、美しくボディメイクも
施して下さっていたことを突如として思い出した。思い出してしまった。

・・・見たい。
・・・てゆーか、見せたい。

そんな煩悩が湧き上がって、ワタシはメフィストフェレス2世のリボンタイを解き、
プツリプツリとシャツのボタンを外した。


dlbana164.jpg


首筋の窪みが強調されているのが、激しい口づけの痕のようで、そそられる。
そして、ほのかな紅色をした、胸の突起。
ここは、杉苔の空さんと、綿密に相談をして色を決めた。何、そのこだわり。

驚いたのは、3代目ボディよりも細身で華奢な体つきをしているのに、脱がせてみれば、
強靭に引き締まった腹筋が現れたこと。

胸元をはだけ、首に巻いていたリボンタイを片手に、メフィストフェレス2世は、
恋するKへの想いを募らせているのだろう。
それは、焦りにも似た感情である。

微かに笑みを浮かべ、誘惑するように裸身を晒し、Kへの恋慕に焦がれる貴公子。
この姿をKが目にする日は、来るのだろうか。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村