2018年02月28日

南国の花は、やはりAGFA Vista400で撮りたいのだ

Olympus OM10
AGFA Vista 400
tocolier


毎月参加させて頂いている、服と花のアトリエショップ&ギャラリー・tocolierさん主催の
花撮影会。
今回のテーマは「Short tirp」ということで、南国の花が咲き乱れていた。

南国の花が咲き乱れていると聞いては、AGFA Vista400の出番なのだ。
こってりとした色合いで撮る南国の花・・・もう、それだけでゾクゾクする。

時折・・というか、かなり、ドライフラワーとなっているスワッグに心を奪われているが、
それでも、やはりビビッドな色合いの花とAGFA Vista400の相性は、良すぎる程に良い。
こっくりとした、それでいて、どこか土の香りがする色。
鮮やかでありながら、どこかくすみを残したレトロ感。


ombana36.jpg


デジタル勢の皆様が、「この色がうまく出ない!」と苦心された、赤い花。
AGFA Vista400では、とてもいい具合の色が出てくれた。
仕上がった写真を見て、ワタシは得意満面な笑みを浮べた。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村