2017年08月03日

妖艶、というよりラスボス感が漂う珠世さん

FUJIFILM X-T1
珠世


60cm級の女の子を、また1人お迎えしたいという野望があった。
公式のお写真では、すごくリアルで、可愛らしい顔立ちをしているのだが。
お迎えした方のお写真を見てみると、かなり上手に撮っていらっしゃる方のものでも、
公式のお写真とは、全然顔が違うのだ。
思うに、相当写真に撮るのが難しい子のようだ。

決して、お安い買い物ではないし、これはリスクが高過ぎる。
そんなわけで、お迎えを見送って、現在に至っている。

一度、「今度こそお迎えする!」と70%ぐらいまで決意を固めた時に、お洋服だけ注文した。
けれども、結局お迎えはせずに、お洋服だけがここにある。
そこで。
ちゃちゃさんよりお譲り頂いた、DEAR MINE・DIANAの珠世さんに着せることにした。

珠世さんも60cmサイズのお姉様なので、着られることは着られるのだが、
買ったお洋服は、胸元ががっつり開いたデザイン。

雪のように白い肌のお顔と、オビツボディの肌の色が合っていないので、今まで、珠世さんは
首まですっぽりと隠れるお洋服を着て、肌色の差を隠してきたのだ。
胸元が開いたデザインのお洋服を着せても、大丈夫だろうか・・・?

ドキドキしながら、ワタシは珠世さんに、そのドレスを着せた。
そして、美しさの余りに、卒倒しそうになった。


dlbana149.jpg


夜の貴婦人のように、気品がありながら、妖艶さも身にまとっている。
その上、妙な迫力があって、ラスボス感すら漂わせている。
なんてことだ、珠世さん。

懸念していた肌色の差は、まぁ、「やはりな・・・」という感じではあったのだが、
ライトのお陰で、だいぶ軽減できた。
次に撮る時は、首にレースを巻いて、ワンクッション入れてみようと思う。

最初は、胸元は覆われていたけれど。
撮影するにつれて、どんどん胸元が開いていく。
胸のふくらみが、徐々に見えてくる。

い、いや、違うよ!スケベ心ではないよ!
その方が、この服のデザインを綺麗に見せると思ったんだよ!

それは確かに成功したが。
おっぱいは、ギリギリだった。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村