2017年06月05日

ただただ、ルネを水辺へ連れて行きたかった

FUJIFILM X-T1
René(ルネ)


コロボックルとも、妖精とも言える存在として、お迎えしたDOLLZONE・Chocoのルネ。
スチームパンク的な、機械的な翼をつけて、またまた公園へ連れて行った。

この公園には、せせらぎが流れている。
ワタシは、ただただ水辺へルネを連れて行きたかったのだ。
連れて行きたかったのだが。

少し暖かい日だったので、せせらぎの中では、子供達がバッチャバッチャしている。
しかも、何とか子供がいない所を見つけて、写真を撮ろうとするも、
せせらぎを背景にルネを撮るためには、水の中にルネを立たせなければならないということに
気づいてしまった。

無理。無理、無理、無理。
水の中に立たせて、そのまま倒れられたら、大変なことになってしまうじゃないか!

そんなわけで、あまり水辺感の無い写真になってしまった。


dlbana135.jpg


そういえば、お迎えしてすぐにオーバーメイクを施したルネだが、更に手を加えて、
唇は赤く、お鼻も色を濃くしてみた。二重のまぶたの奥も、くっきりとさせた。

この日は、曇った日の夕方ということもあってか、全く目に光が入らないどころか、
目の中が影になってしまって、「あちゃー」となった。
まだ、まつ毛が長過ぎるのか。
でも、改めて写真を見返してみると、そんなに気にならない。
この子は、こういうことでいいのかもしれない。

それよりも、岩場に座らせたり、あれこれしていたら、白いお洋服が砂ぼこりで
茶色くなってしまったので、速攻でお洗濯した。
ちっちゃいお洋服がベランダで揺れている光景は、なんだかシュールだった。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村