2017年03月06日

RingdollのK氏で、Daguerreotype Achromatの試し撮りを

FUJIFILM X-T1 + Daguerreotype Achromat
K


Lomographyのアートレンズ、Daguerreotype Achromatを注文していた。
シルクをまとったような滑らかな表現の写真が撮れるらしい。
作例を見て、ハートを撃ち抜かれてしまったので、迷うことなく注文したものだ。

2016年の夏に注文したのだが、お届けの予定は2017年の2月頃、とのこと。
のんびりと待つつもりでいたが。
Lomographyから、1通のメールが届いた。
「絞りプレートの生産が追いつかないので、先にレンズだけをお楽しみ下さい」

Daguerreotype Achromatは、絞りプレートを差し込んで、露出をコントロールする
レンズなのだが、はて、絞りプレートが無くても、使えるものなのだろうか?
そんな疑問が頭をもたげたが。
程なくして、レンズが届いてしまった。

荷物を受け取った瞬間。
何が届いたのか、と思うぐらいに、ズシリと箱が重い。
半信半疑で箱を開けると、びっくりする程筒の長い、金色に輝く、重厚なレンズが出てきた。
真鍮製のそれは、かなり重く、PENTAX MEとX-T1で使用するつもりでいたワタシは、
軽く困惑した。
これは、Nikon D7200で使うべきだったかもしれない。

しかし、届いてしまったからには、もう後戻りできない。
恐る恐る、X-T1に取りつけて、我が家にやって来たばかりのK氏を撮ってみることにした。


dlbana99.jpg


全体的に、霞がかかったような見た目になるので、ピントの山がわかりにくい。
ここだ!と思うところに合わせて、そこから微妙にずらすと、フンワリ感が増幅されて、
レトロな雰囲気になる。

光のコントロールが難しく、平坦になりがちなのは、まだレンズに慣れていない所為だろう。
デジタルのカメラで使う場合には、シャドウを落として、コントラストを強くした方が
雰囲気が出るような気がする。
ただし、ハイライトはレンズ自体が強調するようなので、ハイライトも抑えめに。

絞りプレートが届けば、もっと自在に扱えるようになりそうな気もするが、
まずは、レンズだけを使って、馴らしていくつもりだ。
ちょっと時間が、かかりそうだな。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | ドール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村