2016年08月30日

宙玉レンズはじめました

FUJIFILM X-T1 + 宙玉レンズ


前々から気にはなっていたのだ。
Amazonさんが、しきりに勧めてくるからだ。
ワタシのどんな動向が探られているのか、オススメされまくっていたのだ。

宙玉レンズ。

レビューをつぶさに読んでみると、宙玉レンズだけを買っても、どうにもならないらしい。
エクステンションチューブや、接写リングなんかも必要なようだ。
宙玉レンズの径は72mmなので、レンズの径に合わせたステップアップリングも要る。
ついでに言えば、宙玉レンズ用のレンズキャップも、あった方が良い。

なんだか、とてつもなくめんどくさそうな気がしてきた。
でも、楽しそうなのだ。

接写リングも、ステップアップリングも、レンズキャップも既に持っているので、
覚悟を決めて、宙玉レンズとエクステンションチューブを購入してみた。

うーむ、確かにセッティングが難しい。
エクステンションチューブをつけたり外したり、ピタリとくる長さが判明するまで、
30分以上、グリグリとこねくり回していた。

そして、遂に「これだ!」と思うセッティングに辿り着いた。
すかさず、外へ、れちごー。宙玉GO。


xtbana93.jpg


宙玉レンズで撮っていない写真が、多数あるじゃないか。
宙玉レンズをつけたり、外したり。
接写リングをつけたり、外したり。
なんだか、グリグリと忙しく、あんなものや、こんなものを撮って歩いてしまった。

宙玉レンズは、絞り11ぐらいで、水玉の輪郭がハッキリするらしい。
暗い場所では、使えないということがわかった。

水玉の中は、魚眼レンズで撮ったような写りになる。
そして、水玉の中と、向こう側の景色とでは、天地が、あべこべになる。
撮ったままの写真は、逆さまになっているから、逆立ちして見るのが良いと思う。
あ、違うか。カメラを逆さにすればいいのね。

ちなみに。
苦労して探り当てたセッティングは、宙玉レンズの公式HPで、普通に紹介されていた。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村