2016年04月08日

衝動に任せて、空のグラデーションを撮りに行く

FUJIFILM X-T1
石川台


松本イチオさんの画集を買って、感動のあまり、
「この感動を伝えたい。言葉じゃ足りない。そうだ、アタシには写真があるじゃないか!」
と、X-T1を引っ掴んで、外へ飛び出した、年の瀬の夕暮れ時。

そうだ。そうだ。鉄塔を撮ろう。線路へ行こう。

線路に到着する前から、パチャパチャと写真を撮る。
ああ、今日の夕空は、グラデーションが綺麗だ。

そして、線路に到着。
見慣れた風景。
いつもの風景。
こんなもので、言葉以上のものが伝えられるのかは、わからないが、
衝動に任せて、シャッターをきる。
そんなことぐらいしか、アタシにはできない。


xtbana74.jpg


紫に染めた写真。
最後の数枚だけは、青から緑に染めた。
松本イチオさんの絵のイメージから生まれた色だ。

アタシの言葉にならない感動は、うまく伝わっただろうか。
松本イチオさんは、写真を額に入れて、飾って下さったと仰っていた。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村