2016年04月07日

遅まきながら、自然教育園の秋を楽しむ日

FUJIFILM X-T1
自然教育園


2015年の秋。
なかなか紅葉せずに、ヤキモキさせられたものじゃった。
・・・と、村の古老は語るのであった。

誰が、村の古老じゃ。
アタシだよ。ヤキモキしていたのは、このアタシだよ。

12月も半ば。やっと「自然教育園に紅葉の季節が訪れた」という知らせを受けた。
だが、現地に乗り込むことができたのは、それから1週間後のことだった。
・・・紅葉は、散っていた。

ああ、1ヶ月も待っていたのに、なんという体たらく。低鱈苦。

それでも、諦めきれずにX-T1とOM10の2台態勢で、自然教育園に乗り込んだ。
おおお、まだ紅葉が残っているところもあるぞ!
てゆーか、枯れた植物が、なんか、すげーイイんだけどっ!

はぜたウバユリ、地面に転がっているムクロジの実、
名前は忘れてしまったけれど、ポショポショになっている、何かの植物の残骸。
ふと見上げれば、目にも鮮やかな赤いイイギリが、シャンシャンとしている。

イイ!すごくイイ!

カメラをとっかえひっかえ、バッチャバッチャとシャッターをきった。
この日は、X-T1にZUIKOズームのオールドレンズをつけていたのだが、
逆光に弱いレンズで、フレアを画の中に、どう取り込むかを学ぶことができた、
ような気がする。
それが、自分的には、なんだかとても大きな収穫に思えた日だった。


xtbana73.jpg


自然教育園は、楽しいなぁ。
カメラも、楽しいなぁ。
写真って、楽しいなぁ。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村