2015年11月24日

あんなデカイ生き物がノシノシしてたとか、ロマン

Nikon D7200
国立科学博物館


前回行った時には、改装工事中で見られなかった恐竜を見るのだ。
世に言う夏休みで、たぶん、恐らく、めちゃめちゃ混んでいるけれど、行くのだ。

というわけで、国立科学博物館へ行った。
恐ろしく混んでいた。

迷わず、7月にリニューアルが完了した地球館へ突進する。
いきなり、恐竜らしきものが展示されていて、血圧が上がった。
ディスプレイがいちいちカッコ良くて鼻血ものだ。
ただ、これでもか!と詰め込んで展示されているので、何を撮っても、何かが見きれる。
狭い日本の博物館事情か。

なんでカニを撮ったのかがワカラナイが、カメを撮るのは当然の理だ。
・・・と思っていたら、ものすごいのがいた。
アーケロン・イスチイロス。
体長3mぐらいの亀だ。そいつが宙に浮いている。ナンダコレハ。

まだ恐竜コーナーではないのに、展示されている動物の骨が、とにかくデカい。
デカい動物の骨が、ごちゃあ〜っと並んでいる。
こんなにデカい生き物が、ノッシノッシと歩き回っていた時代なんて、ロマン以外の
ナニモノでもない。

デカい骨の群れに圧倒されて、もうすっかり恐竜を見たつもりになっていたら、
突如として、恐竜コーナーに辿り着いた。
もう、なんか、スゲーわ。

ワタシが博物館に行った前日に、テレビで『ジュラシックパーク』を放送していたからか、
中央にどどんと鎮座しているT-REXが、そりゃもう人気だったが、個人的には
トリケラトプスの方がカッコいいと思った。
まぁ、見た瞬間に「このサイでけえ!!!」と口走っていたところを見ると、
実は何もわかっちゃいないのだが。
あれだけデカい動物を見続けると、「恐竜みたいに見えるけど、実はこれは犬なんじゃないか?」
と思い始めるほど、もはや感覚が麻痺してくる。


fkbana108.jpg


今回、めでたく「リピーターズパス」という、1年間有効で何度でも国立科学博物館に入れる
魔法のチケットを1080円で手に入れた。
何を隠そう、普通にカウンターで買える。
国立科学博物館は、1度では全部を見て回ることは、ほぼ不可能なので、持っておけば安心。
安心戦隊アルソック。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村