2015年09月29日

目黒通りに立ち並ぶ家具屋を二眼レフで攻める

RICOH FLEX
Kodak Ektar 100


初めて、RICOH FLEXで、自由が丘以外の写真を撮ったぞーーー!!!
自分の中では、快挙。
でも、嬉しいのは、アタシだけ。
そーか、すまん。

JR目黒駅から、権之助坂をぶわーっと行って、目黒通りに突入すると、
オシャレな家具屋がどわーっと並んでいる。
目黒寄生虫博物館もある。
それは、また別の話。
この際、虫は無視して、オシャレな家具屋を見て回ろうじゃないか。

写真を撮っているとは思われない、二眼レフカメラだが、
目黒通りの家具屋は手強いぜ。
大体の店が、店員さんのいるレジとショウウィンドウが、向い合っているからね。
カメラを構えていたら、店員さんと、ばっちりアイコンタクトしてしまうからね。

「あー、ここ素敵なんだけど、流石にこれを”撮らせて下さい”とは頼めないなぁ」
という店が沢山あった。
実に無念である。


rfbana09.jpg


ルーペを使えば、ちゃんとピント合わせができるのだが、
狭い歩道で、人通りも割とあるので、のんびりルーペを覗きこんでいる場合ではない。
「んんん〜」とファインダーを覗いて、「こんなもんだろう!えいっ!」と撮った写真は、
やっぱりピンぼけ感モリモリだ。

ルーペを使っている時も、それこそ、ルーペに目をくっつけて、食い入るように
ピント合わせをしている、実に怪しい状態なのだが、「いや、ピントの山、
そっちじゃないでしょ」という”惜しい写真”を量産してしまった。
何を隠そう、ルーペを使っても、よく見えていないのであった。
ほとんど野生の勘で撮っている。

ウィンドウの映り込みだけは、意外と綺麗に撮れるRICOH FLEXだ。
よほど反射がキツくなければ、大体はなんとかなる。
優秀だなぁ。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村