2015年09月14日

X-T1で自由が丘を四角く切り取る

FUJIFILM X-T1


ポパイカメラでフィルムを現像して貰っている間。
暇だから、自由が丘の街をブラブラしていた。
暇だから、写真なんかも撮っていた。

このところ、自由が丘を撮るのは、もっぱらRICOH FLEXだったので、
X-T1でも、RICOH FLEX気分で、スクエアの写真を撮ってみた。

いつもは、暗くて諦めていた場所も、ガンガン攻める。
かっちょいい犬がいたので、ついでに撮っちゃう。

暗い場所では、威力を発揮したX-T1だが、
明るい場所・・特に、ショウウィンドウ越しの写真では、ウィンドウの反射に負けた。
PLフィルターをつけているのに!
マニュアルでピントを合わせているのに!
露出を抑えてみたりしたのに!

何も特別なことをしなくても、反射に負けないRICOH FLEXがスゴイんだろうか。


xtbana36.jpg


同じ街を同じように真四角に切り取っているけれども、
RICOH FLEXとX-T1では、やはり違う写真になる。
だから、面白いんだ。
だから、沼にはまるんだ。

シュールな目つきのおじさんに誘われて、パンコントマテの沼にもはまった。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:00| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村