2015年06月11日

HOLGAで撮るポップなアート

HOLGA 120CFN
Kodak Portra 400


カラーフラッシュを使った多重露光で、ポップなアートを撮るんだー!

そう思い立って、色々と準備をしてきたが、やっと本番である。
だが・・・

HOLGAで、
室内で、
素材がA3の紙に印刷したもの。

これ以上ないぐらいの三重苦。

部屋の電気を煌々とつけても、ISO400のフィルムでは、笑えるぐらいに
何も写らないHOLGAだが、フラッシュを焚けば、ちゃんと写ることは実験済。
問題は・・・寄れないHOLGAで、近接撮影ができるか!?ということ。

家にあった、52mmのクローズアップレンズ No.3を、テープで貼り付けて固定。
さて、これでどこまで寄れるのか???

あまり正確な数字ではないが、被写体とレンズの距離が30cmぐらいなら写るらしい。
それ以上離れると、ボケる。
それ以上くっついても、ボケる。
意外と厄介だ。

あまりにも寄って撮っているので、写真の下部にはフラッシュの光が届かない。
ファインダーを覗いて撮影すると、レンズの位置が大幅にズレてしまうので、
ノーファインダーで、被写体とレンズの位置を横から覗き込みながらの撮影になる。
意外と厄介だ。


holgabana26.jpg


でも、撮れた写真は、とてもビビッドで、ポップアート風なものになった。
これは楽しい。
楽しい写真だ。

また、新たなHOLGAでの遊び方を覚えた。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:21| Comment(0) | トイカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村