2015年04月06日

浜マーケットは元気です

Olympus OM10
Lomography Lady Grey 400


そうだ、根岸に行こう。
根岸と言っても、神奈川県の根岸の方である。

調べてみたら、浜マーケットという、戦後の闇市から発展した商店街があると
いうではないか。
こりゃあ、行ってみるしかない。

住所は磯子だが、JR根岸駅から徒歩15分程で行ける。
横須賀街道をテコテコ歩いて、その名も「浜」というバス停の目の前が、浜マーケット。
そこまでの道沿いも、いい感じの風情が漂っているので、あれこれ見ていると
あっという間に着いてしまう。

板張りの天井に覆われた、アーケード。
こういうのも、アーケードと呼んでいいんだよな?
買い物客で賑わっている反面、シャッターが下りた店もチラホラ。
居並ぶ店には、そこはかとないレトロ感が漂っている。

店先を撮る時は、「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねて回ったが、
どの店の方も「どうぞ、どうぞ!」とフレンドリーだった。

喫煙所で煙草を吸いながら、まったりと花なんぞを撮る。
だが、マーケットの天井を見上げて、腰が抜けた。
板を通り越して、なんか、もう、廃材としか言いようのない物体が乗せてある。
おいおい。

マーケットの、すぐそばにあるカフェは、名前が秀逸過ぎた。
洗濯船って、洗濯船って。・・・それ、何?

丸嘉不動産は、物件を紹介する前に、自分のところの建物を何とかした方がいい。

不動産屋の前に積んであった、空き瓶のケースには、古い古いバヤリースの瓶。
ホッピーも泣かせるが、ボロボロになったケースにぶっ込まれていた扇風機も
相当泣かせる。

横須賀街道沿いの永楽は、The ラーメン屋という風情。
いいなぁ、こういう雰囲気。

ちょっと脇道に入ったら、いい具合に朽ちた家を見つけて、興奮のうちにフィルム終了。
芋虫が壁にくっついて、家の中を覗いているような、最後の写真には、
自分で笑ってしまった。何を撮っているんだか。


ombana27.jpg


根岸には、いい雰囲気の町並みが残っている。
浜マーケットも、寂れた感じはモリモリ漂っているが、実は、そんなことは全然無く、
元気いっぱいだった。
頑張っている商店街なのである。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:35| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村