2014年12月12日

ブタ箱忘年会

FUJIFILM X-M1


また、集まってしまった。。。

ふわ〜っと集まって、ガヤガヤするのが、我ら「ブタ箱」の囚人達。
今回は、スカイツリーの下にパラパラ集って、東向島の鳩の街でガヤガヤした。

まずは、押上にある、猛禽類カフェ「鷹乃眼」さんへ。
鳥アレルギーのえつじ氏と、重役出勤のマボさんは欠席。
蜜稀さんとアタシの2人で、猛禽類と戯れた。

フクロウさんが、蜜稀さんにはチュッチュしていて、とても仲睦まじいご様子だったのに、
アタシが肩に乗せて頂いたら、飛び上がっては「ガシッ」、飛び上がっては「ガシッ」。
・・・アタシ、獲物になってないか!?

グローブをつけて、鷹を腕に乗せて頂き、肩にも1羽。カッコイイ!・・・と思ったら、
肩に乗った鷹が、すかさず頭の上へ。
たぶん、きっと、とてもマヌケな眺めだったはずだ。

猛禽類たちとの触れ合いを堪能して、えつじ氏と合流。
よーし、鳩の街を目指すぜ〜。
鷹から鳩へ。鳥づいている。

住宅街を縫うようにして歩くと、もう、そこからして、「あひゃー」となる眺め。
フィルムを無駄遣いする、アタクシ。
X-M1も持って来ているから、余裕ぶっこいている。

エネルギーショップ「タジマ」で、ホットドリンクという燃料をチャージして、
鳩の街をうろつく。
無駄に公園に侵入していると、マボ本部長がご出勤。「君たち、しっかりやっとるかね」

高級カメラをぶら下げて、街を撮りに来ていたカメラマン達とすれ違いながら、
ブタ箱の囚人達は、コインランドリーで盛り上がるのだよ。

ひとしきり遊んで、冷えた体を温めるべく、古民家カフェ「こぐま」へ。
美味しいケーキと飲み物で落ち着くと、カメラで遊びだす我ら。
ご店主の厚意で、パチャパチャと撮らせて頂いた。ありがとうございます。
穏やかな灯りと、しっとりした空間が、とても心地良かったのであります。
カレー食べたかったな〜。

さてさて、夕方。
ここで、囚人達は、蜜稀さん宅に移動。というか、押しかける。押し込みだ。
蜜稀さんが煮込んでおいて下さった、おでんをつつき、エキセントリックな
たこ焼きをつつき、マイメロディの湯切りで30分程笑い続け、夜が更けるまで
楽しく過ごしてしまった。
自宅を開放して下さった蜜稀さん、本当にありがとう。すごく楽しかった。

終電ギリギリの、えつじ氏は走って逃亡。違う。帰宅。
マボさんと2人、ぬるい缶コーヒーで乾杯した駅のホーム。

実に楽しい1日であった。
また来年も、ぬるく集まりたいですな。


xmbana38.jpg


そして、ブタ箱に新メンバーが加わった。
アザラシのしろたんだ。
この日の主役の座を華麗にかっさらっていった、隅に置けないやつである。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:50| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村