2015年01月09日

黄金色の秋

FUJIFILM X-M1


どうやらアタシは、道路に描いてあるものが好きなようだ。
いや、もしかしたら、道路が好きなのか?
でも、アルバムを作る度に、マンホールの蓋の写真が出てくるのには、
自分でも辟易している。「またか!」、と。

田園調布の銀杏並木を撮りに行った。
フォギーフィルターをつけたら、光の拡散が綺麗で、いきなりハマった。
暗い場所で撮った写真も、ふんわりした感じが、寂しさを引き立てるようで、好きだ。
これまでは、Nikonでしか使っていなかったが、X-M1の方が、フォギーの魅力を
引き出しているように感じる。

夕方、歩いている人の影が、いいなぁ、素敵だなぁ、と思ったので、
前を歩いている、おじさんの後ろを、さり気なくカメラを抱えながら追ったアタシは、
プチストーカーだったと思う。


xmbana34.jpg


表参道のスパイラルガーデンで開催されていた、CITIZENのLight is Timeにも
X-M1を連れて行った。
Nikonでは撮れなかった写真が撮れて、ちょっとホクホク。
同じ人が撮っているのにねぇ。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:13| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村