2015年01月05日

夕日と紅葉と赤い実と

FUJIFILM X-M1


多摩川へ夕焼けを見に行った。
秋の日の夕暮れは、どこか寂しい。
雲が綺麗で、なんだか茫然とした。

いつもの街で見る夕日も美しい。
秋の日は釣瓶落とし。
暗くなるのが、早くなった。
瞬く間に去りゆく夕日が電柱にかかっている。
夢中で電信柱を撮っていた頃のことを思い出した。
アタシにとって、電柱は景色を損なう邪魔な存在ではない。
街の景色と電柱は、切っても切れないものである。

夕日を照り返して、輝くマンホールの蓋が、好きで好きで困る。

好き・・と言えば、何かの実を見つけると、すかさず撮っているのは、やはり好きなんだろう。
実りの秋とは、よく言ったもので、秋になって、実を見つける機会が増えた。
でも、どれも何の実なのか、さっぱりわからない。
特に、とげとげの実は、あれは一体何の実なんだろう。
茄子のようにも見える。

木の葉も、知らないうちに色づいて、紅葉になっていた。
地面に落ち葉が沢山落ちている。
赤い葉は綺麗だ。


xmbana30.jpg


ふと空を見上げたら、飛行機がすーっと飛んで行った。
綺麗な飛行機雲だったが、すぐに消えてしまった。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:11| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村