2014年12月10日

ウィンドウショッピング

RICOHFLEX
Kodak Ektar 100


リコーフレックスを携えて、またまた自由が丘に突撃した。
程よく可愛らしい、ゴチャゴチャした街を二眼レフの窓から覗くと、
面白い風景が見つかってしまう、不思議。

何枚か、ハロウィンのディスプレイが写っている写真があるが、やっぱり今年は、
ハロウィンの飾りが少なかったように思う。
本当なら、フィルム1本、12枚全部、ハロウィンの写真でいいと思って出掛けたのに、
あまり収穫が無かった。
既に、季節はクリスマスになっている店すらあった。

二眼レフで撮影をする時。
アタシは、デカい箱を両手で持って、上から覗き込みながら写真を撮っているわけだが、
ほとんどの人が、写真を撮っているとは思っていない。
手に持っているブツが、カメラだと思われていないのだ。
だから、調子ぶっこいて、ウィンドウショッピングを楽しみながら、店先から店内を
ガンガン撮っている。


rfbana04.jpg


この日は、先にも述べたように、ハロウィンハントのつもりで出掛けたので、
ビビッドな色が出るEktar 100を詰めて行った。
ほとんどの店先は日陰になっていて、ISO100のフィルムでは、HOLGAなら
全滅コースなのだが、リコーフレックスなら、絞りを開けて、手ぶれギリギリまで
シャッタースピード落とせば、全然イケた。
しかも、ブレていない。
1枚、ボケボケの写真があるのは、手ぶれではなく、ピントをぼかしたもの。

しかし、あれだな。
Ektar 100のビビッドな色、サイコー!と思っていたが、最近Portra 400の優しい色も
ステキだなと思うようになった。
カラフルな写真も良いが、フィルムらしい色合いって、イイよね。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 21:20| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村