2014年09月09日

実験的な、あまりに実験的な

HOLGA 120CFN
Kodak Ektar 100


HOLGAを買った時についてきたブックレットで、HOLGAでの作例を見ていたら、
マスクを作って、多重撮影をする方法が載っていて、ずっと以前から
やりたい、やりたいと思っていたのだ。

黒い紙を用意して窓を作り、カメラ本体の裏蓋を開け、6x6アダプターに
直にかぶせて、フィルムを装填。
12枚まで撮ったら、感光しないようにフィルムを取り出して、巻き戻す。
黒い紙で作った窓をひっくり返して、巻き戻したフィルムを再度装填。
それで12枚撮ったら、おしまい。
今度は、ちゃんと巻き取って、現像に出す。
それだけだーーー!

ブックレットでは、格子状のマスクを作っていたが、アタシは陰陽マークも作ってみた。

格子状と陰陽マーク、2本撮ってみたけれど、最初の2本は、フィルムを巻き戻す際に、
見事に感光させてしまって、何も写っていなかった。

そこで、3・4本目は、一旦12枚撮ってから自宅に持ち帰り、夜の真っ暗な部屋に籠って
手探りでフィルムを巻き戻し、再度撮りに行ってみた。
それでも、格子状の方は失敗で、まともに写ったのは、アルバムの最後の1枚だけ。

陰陽マークの方は、割とうまくいったと思う。
ちょっと感光しているが、まぁまぁ成功。


holgabana23.jpg


実験的な、あまりに実験的な試みである。
夏だから、自由研究なのだ。

ちなみに、今回使った黒い紙は、ちょっと薄かったのか、フィルムと一緒に
巻き取られてしまったりしたので、黒いプラ板でマスクを作り直す予定だ。

まだまだチャレンジは続くぜ!


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:37| Comment(0) | トイカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村