2014年08月18日

バイクと多重と

FUJIFILM X-M1


丸の内から日本橋を過ぎて、兜町、そして京橋から銀座に至った。

京橋では警察博物館で、夏休み中の子供達に混じって、白バイにまたがってみたり、
ヘリコプターの操縦席に座ってみたり、はしゃぎ回った。
どうも、メーターとかエンジンとか、そういうものが好きで、いかん。
気がつけば、全体像をちゃんと撮っていないではないか。
・・・ま、いっか。

太宰治などの文豪が愛した老舗のバー「ルパン」がある路地は、絶賛工事中で、
この日はお店もお休み。

銀座は、やはり、なかなか撮り甲斐のある街だと思った。

一転して、自由が丘へ。
フィルムを現像して貰っている間に、プラプラと散歩。

ジャン・コクトーの言葉を壁に掲げている店があった。キャトル・セゾン。
コクトーの愛好家の間では、ちょっと有名な店らしい。

自由が丘では、多重撮影に夢中になっていた。
なかなか良い多重ができた・・・ような気がしている。


xmbana16.jpg


この日。
以前から気になっていた「六文銭」という店の前で写真を撮っていたら、
中からマスターが出て来て、「中の方が面白いと思うよ。いらっしゃいよ」と誘われ、
「じゃあ」ってんで、思い切って中に入ってみた。

「六文銭」での写真は、次のアルバムに、もう少し入ることになりそうだ。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:33| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村