2014年08月14日

我、ビルに興奮す

FUJIFILM X-M1


どんな時も、カメラを手放さない。
それは、まだ続けている。

塀というかフェンスというか、そういうものに執着して、3連チャン。
少し浮気して、多重撮影でも撮っている。
どうした、アタシ。

ショウウィンドウの中の人形達は、なんだか顔色が悪くて、妙な存在感だった。

レトロな看板の「初心 -UBU-」さんでの写真は、『緊縛写真』を是非ご覧頂きたい。
ここは、歌舞伎町の小さなSMバーである。

緊縛写真の頁はこちら

市ヶ谷へ行った。
橋の下で澱んでいる、お堀の水が、気持ち悪い緑色で、それを写真に残しておこうと思ったが、
水面が反射して、あの気持ちの悪さは出なかった。
非常に残念である。

市ヶ谷からブラブラ歩いて、神楽坂へ。
以前、Nikon D7000で、しこたま撮った街なので、今回は少しだけ。
やはり、しっとりとした風情がある。
夏の神楽坂も、良い。

ホネ子のファッションは、もはや、てっぺんを突き抜けている。

平将門公の首塚を撮りに行く道すがら、丸の内周辺を歩いた。
すっかりビルに魅了されてしまった。
この辺りのビルは、本当に綺麗だと思う。
広角レンズで、改めて、のそのそ撮りに来てみたいと思う。


xmbana15.jpg


そんな徒然の写真達。
最後の2枚を撮った、常磐橋の付近は、とても重苦しい雰囲気の場所で、
なんだか嫌な感じだった。
渋沢栄一翁の像も、陰鬱に沈んでいた。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:32| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村