2014年06月12日

いつでもカバンに写真機を

FUJIFILM X-M1


トイカメラやフィルム一眼レフをカバンに忍ばせて仕事に行くこともあるが、
圧倒的にシャッターチャンスを逃している。

毎日行く場所、同じ風景でも、光の加減や、季節によって、とても素敵に見える瞬間がある。
「あ、ここ綺麗だ」と思った時に、カメラを持っていないことが、とても悔しい。
でも、携帯電話で撮るのは、何だか味気ない。

いつも持って歩ける、小さなカメラが欲しい。

そんな野望の果てに、FUJIFILMのX-M1を買った。買ってしまった。
27mmのキットレンズをつけてみると、いかにもコンパクトだ。
仕事カバンにも、スポッと入ってしまう。

まずは、手始めに夜の町を徘徊した。
わざわざ撮りに行ったのではない。
買い物をしながら、プラプラ撮った。

JPGで、この画質。
RAWで撮るよりも、綺麗だった。
ノイズもほとんど出ない。
ってゆーか、JPGの方が出ない。
Wi-Fiで携帯電話に画像を送ることもできるので、撮って出しには、持ってこい。
いいぞ、いいぞ。

明けて翌日も、仕事のお供に連れて行った。
気ままに、撮りたいものを撮って歩く、愉快。
実に楽しい。


xmbana01.jpg


記念すべきファーストショットが、自宅の蛍光灯だった。
もしかして残念なことだったのか!?と、今になって思っている。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:32| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村