2014年05月15日

白楽・六角橋商店街

Olympus OM10
AGFA APX 400


ポパイカメラで、フィルム2本を現像に出し、ぼんやり待っているのもナンだから、
ちょっと行ってみるか。
ここからなら、東横線で1本だし。

・・・と軽〜い気持ちで行った、白楽の六角橋商店街。

西口から駅を出ると、そこは商店街。
「ふ〜ん、普通の商店街だな〜」

・・・そう思ったのは、ほんの一瞬。

亀の置物に惹かれて、フラフラと路地に入り込み、ふと目を上げたアタシは、そのまま
石になった。
いや、石にはならないか。別にメデューサがいたわけじゃないもんな。
目の前の光景に釘付けになった。

なんか、すごいアーケード街がありますけどっ。

狭い。とても狭い道幅。路地と言っても差し支えない。
そんな暗いレトロな路地に、イイ感じの店が並んでいる。

・・・血圧が一気に上がった。

もう、そこからは、夢中でシャッターをきった。


ombana20.jpg


途中、肩からカメラを提げた、スーツ姿がとてもダンディな老紳士に声をかけて頂いた。
「フィルムですか?私もフィルムですよ。嬉しいなぁ、若い人がフィルムをやってるんですね」
そう言って、アタシのカメラを「見せて下さい」とねだる、老紳士。
「Olympusですね?いいカメラです。白黒フィルムで撮ってますか?いいですね」

でも・・・アタシのカメラを褒める老紳士が肩から提げているカメラは、ライカだ。
使い込んだ、革のホルダーに入った、古いライカ。
素晴らしいカメラを持った大先輩の前で、若輩者のアタシはお尻がむずむずしたが、
老紳士はお世辞を言ったわけではなく、本当に楽しそうだった。
きっと、写真が大好きな方なんだろう。

カメラは時として、こんな出会いを運んでくれる。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:49| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村