2014年05月12日

Zenitで撮って歩く、中延〜荏原町〜旗の台

Zenit 122K
Fuji Velvia 100F


アタシが幼い頃から割と大人になるまで過ごした町を歩いた。

荏原中延で電車を降りて、すぐさま中延スキップロードに侵入。
鶴光も大好き、中延スキップロードだ。
いや、鶴光が好きなのかどうかはわからないが、「鶴光のゴールデンアワー」では、
よくここから中継をしていたんだよ。ね、奥しゃん。

アーケードを撮ったはずだが、写っていなかった。
最近のZenitさんは、ちょっと不調である。
最初の5枚ぐらいが、何も写らない。
シャッターチャージが空滑りして、ミラーがポップアップしない。
・・・修理に出そうかしら。

それは、さておき。

スキップロードをするりと抜けて、荏原町を目指す。
何度も通った道だ。何処で曲がれば荏原町に辿り着けるかは、足が覚えている。
旗ヶ岡八幡神社が見えてきた。ほら、すぐそこが、荏原町駅・・・

そこで、アタシは呆然としてしまった。
駅前にあった、小さな市場が丸ごと無くなって、更地になっている。
細い細い路地が走る、雑多な市場が、とても好きだったのに、何も無くなってしまった。
ラーメン屋の油染みた煙を吐き出す換気扇が回る煤けた路地も、愛想の良い焼き鳥屋さんも、
兄弟でやっていた肉屋さんも、全部無くなってしまった。
なんだか、とても寂しい。

寂しい気持ちを引きずりながら、弟が生まれた病院の前へ。
父に連れられて、母に会いに行くのが嬉しかったっけ。
古い病院は、何も変わっていなかった。

この辺からは、もう旗の台。何十年も暮らしてきた町だ。
懐かしい店もぽつぽつ残っているが、ここもそれなりに様変わりしている。


zntbana10.jpg


どこもかしこも、自分にとっては見慣れた風景過ぎて、何処を撮っていいものか、
思いあぐねてしまう程、思い出の沢山詰まった町。
たぶん、アタシと、アタシの家族だけが見て楽しい写真達なんだろう。

それでも、ずいぶんと楽しい散歩だった。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:48| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村