2014年04月18日

慌てて桜を撮りに行く

Nikon D7000


今年は、桜を撮らない。
そう思っていた。

でも、やっぱり撮ってしまうんだなぁ。

桜が咲くと、居ても立ってもいられないのは、もう、これ、日本人の性だと思う。
DNAに刷り込まれているのだろうか。
誰も彼もが桜を撮っている。
アタシも、慌てて桜を撮った。


fkbana78.jpg


青山霊園に行った。
桜を撮るのに、霊園に行ってしまう辺りが、オバケ好きを露呈しているが、
静謐な空間に咲く、散り遅れた桜は、なんだかとても、しっとりしていて風情があった。

2014年の東京の桜は、3月の最後の週末にドカドカ咲いて、翌日は雨。
「じゃあ、来週の週末に撮りに行くかぁ」と呑気に構えていたら、散る散る桜、出る出る葉っぱ。
あっという間に見頃を過ぎてしまった。
青山霊園に行った時には、はげちゃびん一歩手前といったところ。

そんなわけで、後半のクローズアップレンズで寄って撮っている桜は、「あっぶね!桜散る!」
と、慌てふためいて近所で撮ったもの。
寄って撮っているのであって、酔って撮っているわけではない。

普段、侘しいというか、寂れたものばかり撮っているアタシだが、まぁ、こういう写真も
たまには撮る。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 20:52| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村