2014年04月08日

蒲田東口歓楽街の色気

Zenit 122K
AGFA APX 400


ロシアカメラに、日本の歓楽街というものを見せてやった。
プーチン大統領を、ご案内してしまった気分だ。
どうです?旦那。

蒲田の東口から伸びる、商店街である。
そうだ。言っておくが、ここは商店街だ。
しかし、どこからどう見ても、飲ん兵衛と助平のための街でしかない。
東横インすら、淫靡な連れ込み宿に見えてくる。

土曜日の午前中。
ちょうど、街は眠りについた頃だろうか。
昨夜の乱痴気騒ぎの名残を感じる。
まだ、微かに熱が残っている。
祭りの後。ちょうど、そんな感じだ。

草臥れたプリンセスが眠り、買い物客が通り過ぎて行く。
シャッターは閉ざされ、洋品店の店の奥で、犬が眠たげにうずくまっている。
扉に書かれた「マイウェイ」の文字がレトロだ。
亜子もモナリザも夢の中。

まだ灯りの落ちていないビルの廊下、居酒屋の奥。
かるちゃんは煙で煤け、蛸十の前には誰かが停めた自転車。

ちょっと酔ってこ、と誘われても、店は閉まっている。
スナックと小料理屋の朝は、気怠い。


zntbana9.jpg


土曜日の午前中。
場末の歓楽街のアンニュイさは、どことなく色っぽかった。


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 21:09| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村