2014年01月27日

をい、東京タワーを見直そうぜ

Nikon D7000


スカイツリーが、もてはやされている。
皆々様が、スカイツリーを崇め奉っている。

しかし、我が街からは、スカイツリーは遠いのだ。
遠いから、全くの他人事である。実感が無い。
ああ、スカイツリーね、できたんだってね、ああ、はいはい。

アタシのように、東京のダウンイーストで育った者にとっては、やっぱり東京タワーなのである。
高さが追い越されても、東京タワーがナンバーワン。
それほどに、身近な存在なのだ。

というわけで、急に思い立って、夜の東京タワーを撮りに行った。

浜松町駅から歩いて行って、ビルの間から東京タワーが見えただけで、テンションが上がる。
「おおお、東京タワーだ。東京タワーだぞおおお」

増上寺を抜けて、東京タワーの足下へ辿り着く。
広角レンズで、ズバババーンと、舐めるように撮った。おおお。

更に、脚の真下に入ってみる。
いきなり感動した。
鉄骨の重なりが、すごく綺麗だ。なんてこったい。なんて骨体。

望遠レンズに替えて、部分的に見てみたら、もっと感動してしまった。
機械的な構造が、むちゃくちゃ近未来的で、オシャレなのである。
なんて、なんて、カッコイイんだ!!!

増上寺から見る東京タワーも、乙なものだった。
夜だ。寺の本堂が闇に呑まれてしまっていたので、うまいこと写真にはおさめられなかったが、
夕方なら、きっと、ものすごくカッコイイ写真になると思う。くぅ〜っ。

スカイツリーもいいけど、東京タワーもね。


fkbana49.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 21:39| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村