2014年01月05日

クリスマス間近の遊園地

Zenit 122K
AGFA CT Precisa 100


これまで、AGFAのリバーサルフィルムは、クロスプロセスで現像して貰っていた。
ところが。
「AGFAは、三流映画のような、ビビッドな色が出るらしいぜ」という情報が耳に入った。

それは、もう、ポジで撮るしかないんじゃないか?

というわけで、Zenit 122KにAGFAを詰めて、天皇陛下の誕生日という、めでたい日に
横浜コスモワールドへ、ワクワクしながら赴いた。

2013年のクリスマスは平日だった。
3連休の翌日が、クリスマスイブだった。
しかし、きっと人々は、今日から浮かれまくっているに違いない。
案の定、コスモワールドは、盛況であった。
うーむ、よしよし、うーむ。

カメラを片手に、遊園地を楽しむ人々の間を、ちょこまかと動き回り、パチャコンパチャコンと
シャッターをきっている、孤独な中年。
端から見たら、この上なく寂しくて不幸そうだが、こっちはアドレナリンが、だだ漏れだ。
ちょっと、耳から垂れていたかもしれない。
とにかく、楽しくて、楽しくて、しょうがない。

昼過ぎに到着したのに、おやつの時間には、フィルム1本を撮りきっていた。
ちょっと落ち着け。

考えあぐねて、今回は、トイラボさんに現像とスキャニングをお願いした。
いやぁ、トイラボさんは、仕事が素早いね。速過ぎる。
どこに現像に出したものか、迷っているうちに、世間は正月休みに突入してしまったので、
「まぁ、新年の営業が始まってから、1週間ぐらいはかかるだろう」とタカをくくっていたら、
新年の営業日の夜には、作業終了のメールが来ていた。驚きだ。

で、肝心の仕上がりは、と言うと。
驚く程にビビッドだった。
これは、トイラボさんの腕前がいいのか、AGFAが優秀なのか。
いや、たぶん両方。相乗効果。
楽しい思い出が、更に楽しく彩られて、思わず「ふふふ」と不気味な笑い声を漏らしてしまったね。

AGFA CT Precisa 100、いいですよ。奥さん。


zntbana5.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 21:04| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村