2014年01月03日

新年の信念

Nikon D7000


2014年は、元日からカメラを担いで、横浜へ繰り出した。
多重露光を特訓するのじゃーーー。

横浜中華街を多重で撮ったら、面白いんじゃないか?という期待がムクムクと頭をもたげて、
人でごった返す、中華街にダーイブ。

む、難しかったぜ。。。

ゆっくり構図を考えている暇は無い。
前からも、後ろからも、人が、どんどん押し寄せてくるのだ。
邪魔にならないように、ささっと撮るのが、関の山だった。
もう、ほとんどファインダーなど覗いていない。

どーしても、肉まんを蒸している蒸気が撮りたかったので、「撮ってません。撮ってませんよ」と
いう顔をして、胸元にカメラを持ったまま、こっそりシャッターをきってみたりもした。

人波と色の喧噪を撮れば良かったのか、と思ったのは、人いきれに負けて、中華街を離れてから。
鋼の意志で、群衆に立ち向かえ!
でも、どわわ〜っと人が向かってくるから、思わず、びびっちゃうのよ。
豆腐のような意志だ。ふにゃふにゃだ。

中華街を後にして、みなとみらいまで、ブラブラ歩く。
途中、Cafe La Bohémeに執着する。ロゴが、カッコ良かった。多重で撮りまくった。撮り過ぎだ。

のんびり歩いているうちに、今度は夕暮れが押し寄せて来た。
急げ、急げ、夕日を浴びた、赤レンガ倉庫が撮りたいぞ。

なんとか日没前に間に合って、ひと安心。
しばし、多重露光のことを忘れて、素直な写真を撮っていたが、急に当初の目的を思い出した。
そうだ、多重露光の特訓をするのじゃったーーー!

ぼんやり見ていると、だだっ広い空間を、人々が横切っていく。
むむ、これを、多重で追いかけてだな。遠ざかる人を撮ってみたらいいんじゃないか?
そう思い立って、歩いて行く人の後ろを、ピョコピョコとついて行く。
たぶん、不審者。間違いなく、不審者。

なんとなく、それっぽいものが撮れたが、これはあれね、三脚で固定して多重しないとダメね。
と、悟ったところで、日が沈んだ。タイムアップだ。
次なる課題を残して、多重露光の特訓も終了。

しかし、まだまだ特訓は続くのであった。
さて、次は、何を重ねてやろうか。


fkbana42.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 11:21| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村