2013年12月05日

カメラを地面に置いて、ローアングル

LOMO LC-A
AGFA PHOTO CT PRECISA 100


マイブームの到来なのである。
ローアングルが、密かなマイブーム。
あっちゃこっちゃで、地面にカメラを置いている。置きまくっている。
LC-Aは、ピントもへったくれもないから、これがまた、いい感じに撮れてしまう。
撮れてしまうのだー。

ただし、接写は弱いぜ。
一応、80cmからピント合わせの設定はあるけれど、1mの距離からでも、微妙にピンボケだ。
水たまりに映った電柱を撮ったけれど、モヤモヤだった。
廊下の奥のドアに映った木の影も、ボヤけていたぜ。
頑張って欲しい。

その代わりと言っちゃあ、なんだが、引きの画は、まあまあいい。
広角気味のレンズなので、ズバーンと写る。
ダイナミックな画はLC-Aに任せて、寄りたくなったらスメハチさん。
というのが、最近の研究結果だ。
学会でも発表されていた。冗談です。発表されてません。どんな学会だ。嘘つくなよ。

Agfaの色の出方も、大体わかった。気がする。
今回は、なかなかイイ味を出してくれた。
黄金色の秋の光が綺麗だなぁ〜、と思ってシャッターをきったら、抑えめな、いぶし銀の
色合いに、グッときた。
全体に青味がかかるので、撮ってる方は「うっきゃー!」と落ち着きが無くても、
写真には落ち着きが出る。これこれ、ちょっと落ち着きなはれや。

ちなみに、相変わらず、ピーカンの場所では、ISOの設定を一段下げている。
ISO100のフィルムを入れて、カメラ側では200だよ、と、うそぶいている。
君が、嘘を、ついた。


lcabana4.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 01:47| Comment(0) | トイカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村