2013年11月21日

思い出の町を歩く

Zenit 122K
Kodak Tri-X 400


薄曇りの秋の日。
碑文谷を散歩した。
子供の頃、日曜日というと、父と散歩した町だ。母に連れられて、歩いたこともある。

たぶん、アタシだけが懐かしく思う眺めなのだろう。

西小山から碑文谷を抜けて洗足へ。
その道すがらは、ほとんど趣を変えていない。
どこもかしこも、幼い頃の思い出でいっぱいだ。
西小山の駅は、ずいぶんと立派になってしまったものだけれど。

少しピンボケの写真。
Zenitが、思い出を優しく表現してくれたような気がする。

最後の1枚は、アタシが子供の頃に住んでいた建物。
こうやって見ると立派な感じもするが、小さな佇まいで、変わらずに、アタシを迎えてくれた。


zntbana3.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 23:37| Comment(0) | フィルムカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村