2013年08月11日

Fisheyeで撮った写真は、お魚さんの気持ちで

Fisheye 2
Kodak ProFotoXL100


すっかり、ハマった、Fisheyeの見せる丸い世界。

カメラについてきたブックレットを見ていましたらね。
「金魚の気持ちになってみよう!」というようなことが書いてありまして。
へ〜、金魚が世界を見たら、こんな風になるんかいな、と思ったり、思わなかったり。

でもね。
「だったら、金魚に色んなものを見せてやろうじゃない」という気になりましてねぇ。
で、まぁ、あちこち連れ歩いている今日この頃なわけです。

なんとなく、Fisheyeには、Kodak ProfotoXL100を入れているのですが。
これが、なんとも難しいフィルムでしてねぇ。
ピーカン不許可。
ISO100ですから、明るい所で撮ってやろうとすると、かえって色が出ないんですねぇ。
ちょっと日陰になっているぐらいが、ベストな色合い。
でも、あまり暗過ぎると、何も写りません。

けれど。
イイ色が出た時には、そりゃもう、綺麗な色が出るんです。

今回の写真でも、アルバム2枚目、ジェットコースターの写真なんかは、晴天の空に向けて
撮っておりますので、全然色が出ていません。くすんでいます。
打って変わって、ハードロックカフェのギターの写真なんかは、夕暮れになるかならないか
ぐらいの時に撮って、イイ色が出たんですよねぇ。ビビッド。

それでも、Fisheyeとは相性が良いようなので、このフィルムで頑張ってみたいと思っております。
ちゃんと使いこなせるようになるかしら?


febana2.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 10:40| Comment(0) | トイカメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村