2013年06月21日

浦賀、のすたるじい散歩

ちょいと、浦賀という町に行ってみたのですよ。

浦賀と言えば、ペリー。ペリーと言えば、浦賀。
・・・そんな知識しかありません。はい。
横須賀に遊びに行く際に、ガイドブックとして買った「るるぶ」をパラパラめくっていて、
昔ながらの風情が残る町・・という文言に惹かれて、面白そうだから行ってみただけです。

いやぁ、とても鄙びた町でしたよ。
とんでもなく遠くへ旅に来た気分になりました。

駅を出て、歴史を感じる定食屋・岩城屋さんで腹ごしらえ。
地魚定食、おいしゅうございました。

満腹気分で、歩くことしばし。
浦賀ドックに到着です。
かの咸臨丸の整備を行ったことなどでも知られる・・・というか、知る人ぞ知る、造船所跡。
2003年に閉鎖されるまで、実に1世紀以上稼働したそうです。
フランス積みと呼ばれる手法の貴重なレンガ壁が、一部残っていました。
中に入ることはできませんが、写真を見て頂ければわかるように、造船所の名残は未だに。

そこから、更に海沿いを進んで、何となく路地裏を探検してみたり。
まさに、昭和のかほりの残る町並でした。

西叶神社には、見事な彫刻が沢山ございました。
アタシは亀が好きなので、ついつい亀に目が行ってしまいましたが、200を超えるという
彫刻は、どれも素敵でしたよ。
大きな狛犬の下で、ちらっと覗き見をしている、小さい狛犬も可愛かったです。

本当なら、浦賀の渡し船に乗って、対岸の町並と東叶神社にも行ってみたかったのですが、
この日は、「じきに台風が来るぞ〜〜〜」という予断を許さない天候でしてねぇ。
渡し船は、お休みでした。残念。

でも、風情ある海辺の町の雰囲気は、たっぷり楽しめました。
古い写真のように、彩度を落として、褪せた色合いで撮った写真は、いかがでしたでしょうか。


fkbana14.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 19:36| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村