2013年06月12日

新江ノ島水族館で、時の経つのを忘れる

江ノ島水族館。
20年程前に行った時は、なんだかオドロオドロしい雰囲気の水族館でしてねぇ。
薄暗〜い、ジメッとした部屋にクラゲが展示されていたり、
海亀が「これでもか!」というぐらいに詰め込まれたプールがあったり、
巨大なミナミゾウアザラシの剥製が、ドカーンと通路に置いてあったり、
ちょっとした、お化け屋敷感覚を味わえる空間でした。

でも、心配はご無用。
2004年にリニューアルオープンした、新江ノ島水族館は、んま〜、綺麗で、オシャレな
水族館なのでございます。

魚あり、ペンギンあり、イルカのショーあり。亀あり。
もちろん、クラゲの展示もしていますが、幻想的な美しい演出に生まれ変わっています。
圧巻なのは、グルり四方から見渡せる、相模湾大水槽でしょうかねぇ。

この日は、写真を撮ることを主な目的として遊びに行きましたが、
1日中、新江ノ島水族館を、隅々まで遊び尽くしました。
いや、楽しかったです。

撮りたいなぁ〜と思っていた、ダイオウグソクムシも撮れましたしね。
あれ、深海に棲む、でっかいダンゴムシだそうです。
見た目は、「風の谷のナウシカ」の王蟲ですよねぇ。
グロテスク過ぎて、気分が悪くなっちゃった方がいらっしゃいましたら、ごめんなさいね。
ちなみに、武士がつけている具足に似ていることから、グソクムシと名付けられたそうですよ。
豆知識。

ちょうど、ウミガメプールが改修工事中で、縮小されていたのは、残念でしたねぇ。
亀が好きなアタシは、隙間から見えるウミガメプールにダイブする勢いでした。
とうっ。

いや、しかし、光量の少ない水族館での撮影は難しかったです。
ブレブレの写真を量産しました。


fkbana01.jpg


一葉にモドル
posted by ツバキ アキラ at 01:33| Comment(0) | デジタル一眼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村